運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメント

輸送の安全基本方針

1,ライズ株式会社は、基本方針及び目標・計画を策定し、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において安全最優先とします。

2,社員一同『輸送の安全の確保』が最も重要であるという意識を徹底し、人命を第一として全社員が一丸となって絶えず社内の安全意識の向上に努めます。

3,交通法規、条例及びその他の基準を順守し、安全最優先の原則を徹底します。

4,目標を掲げ、安全が最も重要であるという意識を社員全員で共有するよう指導しております。

自動車事故報告規則第2条に規定する事故

(平成26年7月1日~平成27年6月30日)
自動車事故報告規則第2条に基づく重大事故統計
事故類型 : 転覆、 転落、 火災、 踏み切り、 死傷、 危険物、 疾病、 車両故障、 その他

上記に該当する事故はありませんでした。

遵法推進の強化

安全声かけの実践(気が付いた事)
職場の安全意識改革による物流品質の向上
各部門に合った具体的な安全声かけの実践
管理者自らが「動くマニュアル」になる(率先垂範)
不測の事態に誇れる行動
社員の意識を見られている仕事から魅せる仕事へ

一般適性審査、初任者適性診断、事故惹起者特定診断、高齢者適正診断の実施

◆事故防止対策案◆
・デジタルタコグラフの導入
・バックモニター、ドライブレコーダーの導入
・年3回の安全会議の実施
・目標Gマーク取得 安全意識の向上